ものづくりソリューション VR+R(ヴイ・アール・アール)

  • HOME
  • 最新情報
  • サイトマップ
文字サイズ
-
  • 1
  • 2
  • 3
+

トレンドのいま、これからを語り導く「トレナビ&コラム」

第4回 高度化・グローバル化が加速する物流管理業務

コラムニスト

株式会社日通総合研究所
経営コンサルティング部 部長 主席コンサルタント
小松 隆氏

東京都出身。1984年横浜国立大学教育学部卒業。
同年4月(株)リクルート入社。同社情報誌物流全般の統括責任者として、輸配送ネットワークの構築・物流作業の効率化・コストダウン施策の提言・実行等に従事。その他、通信販売におけるフルフィルメントサービスの企画・運営、個人情報管理統括、コールセンターの運用管理などの実績を積む。2005年7月に株式会社日通総合研究所へ入社。日本郵政グループのロジスティクス改善プロジェクトなど、大手クライアント向けのロジスティクス最適化プロジェクトにてプロジェクトマネージャーを歴任。

株式会社日通総合研究所 経営コンサルティング部 部長 主席コンサルタント 小松 隆氏株式会社日通総合研究所

取り巻く環境の変化と「物流」の複雑化

今回から数回にわたり、物流管理を行う上で「必要なこと」「陥りやすい注意点」などについてお話しします。
まず、荷主企業(物流担当者)を取り巻く環境はどのようになってきているのでしょうか。
自社製品(サービス)の競合各社との価格や品質など競争激化に伴い、納期・コスト・品質などを、調達物流~生産物流~販売物流~返品・回収・廃棄などの静脈物流まで一貫した管理、情報システム・物流機器類などの組み合わせによる高度化、海外進出に伴う国内外物流管理などなど、物流担当者のやるべき仕事は急増中です。

多くの企業は、そのような物流業務を自社で執り行うのではなく、いわゆる3PLなど外部企業に業務委託していると思われますが、委託を行っていく上でいくつかの問題が発生しているようです。現在の取引先や委託業務内容などは、往々にして過去の実績に基づいた結果であるか、物流担当部署における頻繁な人事異動などによる業務ノウハウの欠落などによる傾向も見受けられるようになってきています。そのような状況下において、こんなことは起きていないでしょうか?

3rd Party Logistics

"固定化" "丸投げ" "知らない現場" 失敗しがちな6つのパターン

1.
物流業務を業務開始以降、長年にわたり同じ企業に委託しており、この企業に断られると他にやってくれる企業がない。または、物流子会社があり、物流業務はすべて物流子会社に委託することが決まっているなど、委託先が固定化されているため委託先の機嫌を損ねないように料金や品質に関しては交渉ではなく、お願い事項になっている。
2.
依頼するとどんな業務でも行ってくれる委託先なので、通常業務のついでにやってもらっている業務がある。
3.
いつも同じ企業に委託しているため、新しい業務も得手・不得手、価格の妥当性、キャパシティなどに関わらず、すべてその企業に委託している。
4.
トラブルが発生し、その対応のために現場に行って見ると、聞いたこともない企業が業務を行っていた。現場の担当という人に聞いてみたら委託内容を理解していなかった。
5.
入札仕様がまとめられない。
6.
新しい委託先を選定し、業務を旧委託先から移管したが、製品(商品)の移動やデータのコンバート費用等、当初想定されていなかったスイッチング費用が莫大に発生した。

いずれも効率化、コスト削減などの物流改善・改革を行っていく上では大きな壁になってきます。次回以降で上記による弊害や解決していくポイントなどについてお話ししたいと思います。

一覧へ戻る

生産ラインの課題解決 資料請求・無料相談窓口
TEL:0120-057-232 受付時間 / 9:00~17:00
土日・祝日を除く平日のみ
資料請求・無料相談について お問い合わせフォーム
  • 外観検査・画像検査をディープラーニングでもっと賢く WiseImaging
  • RoboDiA(ロボディア) 体験セミナー
  • トレナビ&コラム
  • 導入・活用・成功事例|VR+R事例サイト

このページの先頭へ