ものづくりソリューション VR+R(ヴイ・アール・アール)

  • HOME
  • 最新情報
  • サイトマップ
文字サイズ
-
  • 1
  • 2
  • 3
+

経営判断に必要な現場情報を「見える化」したい

国内工場や海外生産拠点を含め、生産現場の稼働状況をタイムリーに見える化して、経営判断に活かす取り組みが増えています。その一方で、製造実績データの見える化には多大な時間と労力がかかり、BIなどのシステムを導入して効果的に活用しているケースは多くありません。

  • 「専門的な技術に頼らず現場の動きを把握したい」
  • 「数値データだけでは日々の変動要因が判断しづらい」

既に蓄積された実績データを基に仮想工場や理想的な生産ラインを構築できる3DCADやシミュレーションソフトが、こうした課題の解決に役立ちます。生産現場に関わるあらゆる数値データが「見える」ため誰でも「わかる」のが特長です。工場内の人やモノの動線など数値化しにくいデータも含めて経営層と現場関係者間の共有が進み、意思決定のスピードが格段に高まります。

経営判断に必要な現場情報を「見える化」したい

この課題を解決できる製品

RaAP
最適な工場レイアウトや生産ラインを効果的・視覚的に見える化します。
Facteye
設備の稼動状況・生産状況など製造現場の情報を活かした経営判断に役立つデータをリアルタイムに収集・見える化します。

このページの先頭へ