ものづくりソリューション VR+R(ヴイ・アール・アール)

  • HOME
  • 最新情報
  • サイトマップ
文字サイズ
-
  • 1
  • 2
  • 3
+

設備保全、メンテナンスを効率化したい

生産設備のIT化、ものづくりのグローバル化が急速に進展する中で、設備保全部門の役割は重要性を増しています。製造工程におけるチョコ停や設備故障など様々なトラブルを未然に防ぐ保全業務は今なお属人的な作業も多く、急増する海外工場での保全担当者不足など、これまで以上に設備情報を効率的に共有化が求められています。

  • 「機械設備に発生する故障や異常を事前に発見したい」
  • 「海外など遠隔拠点の保全作業を省力・効率化したい」

従来の予防保全の推進とともに効果的なのが、設備機器の状態監視・診断を遠隔地で実現するリモートメンテナンスです。設備稼働実績データを自動的に計測しながら、設備保全のノウハウや故障発生などの設備情報を関係者間で共有できる仕組みを実現できます。

設備保全、メンテナンスを効率化したい

この課題を解決できる製品

Facteye
既存の設備資産に対する予防保全強化およびコスト最適化を実現します。
MIB
設備情報や日報、法廷点検情報、保全計画などの機能を備え、Web画面に情報を入力するだけで、ネットワーク上の拠点すべてで共有します。

このページの先頭へ