ものづくりソリューション VR+R(ヴイ・アール・アール)

  • HOME
  • 最新情報
  • サイトマップ
文字サイズ
-
  • 1
  • 2
  • 3
+

物流現場の見える化、効率化を図りたい

商品ライフサイクル短期化やサービス競争激化といったマーケット動向に対応していくため、多品種少量の生産体制に合わせた物流機能が重要になっています。このため物流部門の負担は日々増加し、震災以降、災害リスクへの対応といっそうのコスト削減が重要な課題になっています。

  • 「変化に強い物流・ロジスティクス機能を構築したい」
  • 「海外も含めた物流拠点の立ち上げを早期に実現したい」

物流センター・倉庫の人、モノ、機械をリアルタイムに把握できる物流システムを活用することが、こうした課題の解決につながります。物流業務の現状分析データと連携したシミュレーションサービスや在庫管理、動線管理ソフトなどを組み合わせることにより、物流現場の効率化を実現します。

物流現場の見える化、効率化を図りたい

この課題を解決できる製品

RaLC
物流現場改善点や物流センター・製造ラインの新設・再構築計画の事前検証ができます。
RaFLOW別ウィンドウ
位置測位センサーを活用し、倉庫や物流センターなど屋内外での高精度な位置管理を実現します。
RaLOCA別ウィンドウ
基幹データや在庫管理のシステムと連携し、在庫の状況を3Dで見える化します。

このページの先頭へ