ものづくりソリューション VR+R(ヴイ・アール・アール)

  • HOME
  • 最新情報
  • サイトマップ
文字サイズ
-
  • 1
  • 2
  • 3
+

生産ライン立ち上げ期間を短縮したい
生産ラインを素早く立ち上げたい

新たな生産ラインの立ち上げには、工程レイアウト設計から、装置や設備配置の検討、生産性検証など、様々な作業を各部門と協力しながら行わなければならないため、必然的に生産ラインの立ち上げが長期化してしまう傾向にあります。

  • 「生産準備から出荷までのプロセスを手軽に検証したい」
  • 「過去の生産ラインのノウハウを流用したい」

そんな時には、生産ラインに関わる情報をパソコンで入力するだけで、工場の生産体制から生産能力をワンストップで検証できるシミュレーションソフトがおすすめです。設計・開発・製造などの各部門との情報共有も簡単に行えるので、生産ライン立ち上げの期間短縮を実現できます。

生産ライン立ち上げ期間を短縮したい、生産ラインを素早く立ち上げたい

この課題を解決できる製品

RaAP
最適な工場レイアウトや生産ラインを効果的・視覚的に見える化します。
Reavirtry
ライン仕様検討時の設備稼働率の予測や生産能力比較、ボトルネック工程を抽出します。

生産ラインの改善効果を定量的に予測したい

これまで設計者の身近なツールとしてシミュレーションソフトが浸透し、製品開発の現場で構造解析などを例に積極的に活用されています。その一方で、生産現場では勘と経験に寄ること多く、効果的なシミュレーションの適用シーンが少ないのも事実です。

  • 「垂直立ち上げに向けたリードタイムを短縮したい」
  • 「生産準備に必要な情報や進捗を関係者間で共有化したい」

工程設計、生産設備の導入などを同時進行で検討するにあたって欠かせないのが、生産ラインに特化したシミュレーションソフトです。生産工程に必要な図面、仕様、帳票などのワークフローシステムと連携することにより、短期間で目標コスト、目標稼動率を検証しながら、進捗遅れ、品質問題に対してタイムリーに対応することができます。

生産ラインの改善効果を定量的に予測したい

この課題を解決できる製品

RaAP
定量的な予測が難しいプロセスを生産ラインに組み込み、シミュレーションによって熟練技能者の経験と感覚に支えられている工程や改善効果を導き出します。
Reavirtry
新規ライン増設や既存ラインの編成時の設備稼働率の予測や各工程の生産能力のバラツキ具合などを画面上で瞬時に検討。日々の生産現場でのライン運営を効率化します。

生産ラインのボトルネックを発見したい

「仕掛品や手待ちが発生して生産性が上がらない」「ラインのどこの工程にボトルネックがあるか分からない」という悩みのように、稼働中の生産ラインには生産性や品質を低下させる要因が数多く潜んでいます。実際の現場ではライン全体が大きく、人が入って見ても、問題点を見つけ出すのは困難です。

  • 「工程ごとにバラバラな生産能力を見直したい」
  • 「ラインの中でどんなことが起こっているかを見える化したい」

こうした課題を解決するのが、生産ラインのトラフィック状況を視覚的に確認しながら、どこに問題が起きているかを検証できるライン設計のシミュレーションソフトが効果的です。稼働中の生産ラインだけでなく、これから新設する工場・設備の設備稼働率、生産能力の比較、最適バッファ数を事前に予測して、工場全体の生産性を向上します。

生産ラインのボトルネックを発見したい

この課題を解決できる製品

RaAP
最適な工場レイアウトや生産ラインを効果的・視覚的に見える化します。
Facteye
生産設備・装置の稼動状況、生産状況のデータをリアルタイムに収集し、生産ラインのボトルネックを見える化します。
Reavirtry
新規ライン増設や既存ラインの編成時の設備稼働率の予測や各工程の生産能力のバラツキ具合などを画面上で瞬時に検討。日々の生産現場でのライン運営を効率化します。

このページの先頭へ