ものづくりソリューション VR+R(ヴイ・アール・アール)

  • HOME
  • 最新情報
  • サイトマップ
文字サイズ
-
  • 1
  • 2
  • 3
+

作業員の動きをリアルタイムに把握したい

物流現場における運用の改善課題は多岐にわたっています。作業を効率化するためには、工場や倉庫内の人の動作やモノの搬送の流れをデータ化して、誰にでも分かりやすいアウトプットにできる仕組みが必要ですが、作業行動(動線)データの収集など困難がつきまとっています。

  • 「作業員や車両、在庫・部品などの状態を一目で把握したい」
  • 「動線の見直しや作業時間の短縮を図りたい」

こうした共通の物流現場の改善に向けておすすめなのが、人・物の位置や状態を解析し、センサ・タグなどから得られた属性情報と組み合わせた動線解析システムです。ムリ・ムダ・ムラを顕在化させることによって、作業を見える化できるように数値化することで、動線の見直しや作業時間の短縮といった即効性の高い改善に役立ちます。

作業員の動きをリアルタイムに把握したい

この課題を解決できる製品

RaAP
製造現場の「今」の状況を現場のラインごと・工程ごと・作業ごとに「見える化」。進捗課題の早期発見や作業の把握、標準タクトタイムの検証に役立ちます。
RaLC
倉庫・物流センターの人、モノ、機器の位置、作業動線を3Dモデルで表現。分析帳票データをもとに、工程のムリ、ムダ、ムラを「見える化」します。
RaFLOW別ウィンドウ
位置情報の誤差から生じる、壁などの障害物を通り抜けてしまう現象を自動補正し、より正確に作業員ごとの作業時間や移動距離をリアルタイムに計測します。

物流業務のボトルネックを発見したい

物流現場の多くは、常に改善を繰り返しながら生産性の向上を図っています。改善活動には作業動線やレイアウト改善、入荷・ピッキングの手法、機器類の稼働台数や人員配置の妥当性など数多くの内容が求められています。

  • 「物流コスト削減の分析方法や改善のポイントが分からない」
  • 「改善の余地がありそうだが、数値で検証できない」

物流に携わる経営層や現場担当者が抱える共通の課題に対して、様々な分析データをもとに現場の改善ポイントを数値や分かりやすいビジュアルで検証できるのが、シミュレーションツールです。物流現場の「理想」と「現実」の差をパソコン上で比較できるため、誰にでも簡単に改善ポイントをつぶさに検証できます。

物流業務のボトルネックを発見したい

この課題を解決できる製品

RaLC
現場データの分析などから動線やピッキング作業のムダを洗い出し、構内物流業務を改善、最適化します。
RaFLOW別ウィンドウ
作業員の動線情報をリアルに表示。作業時間や移動距離の分析によってモノ探しや作業待ちの時間を大幅に解消します。

このページの先頭へ