ものづくりソリューション VR+R(ヴイ・アール・アール)

  • HOME
  • 最新情報
  • サイトマップ
文字サイズ
-
  • 1
  • 2
  • 3
+

設備の稼動監視・稼動実績管理システム Facteye

Point1設備の稼動実績収集

設備ごとの加工時間、停止時間、アラーム時間、
主軸負荷などの稼動実績を収集。要因分析に役立ちます。

機械停止の要因を特定

稼動状況の把握と原単位の取得が可能です。

Point1設備の稼動実績収集

機械停止の要因を特定

稼動状況の把握と原単位の取得が可能です。

機械停止の要因を特定

停止時間

現場の運用方法を把握することができます。
例)シングルストップ停止増→ プログラムチェックしながら運転→ プログラムの見直し

停止時間

停止時間の理由分析(要開発)

機械の停止理由を選択する仕組みを作ることにより、ボトルネック作業を把握することができるようになります。次回プログラム開始までの間の停止理由の定量化が可能です。

停止時間の理由分析(要開発)

自動運転時間

1日の稼動実績(運転時間)のうち加工した時間を把握することができます。

自動運転時間

取得情報の一例

項目 内容
稼動状況 電源OnOff /自動運転中/停止中/アラーム発生中/非常停止中/メインプログラム番号/実行中プログラム番号/実行中シーケンス番号/送り速度/主軸回転数
信号状態 PMCの信号状態(シングルブロックモード中/フィードホールド中/送り速度オーバーライド/ドライラン中/切削送り中/M00停止中/M01停止中)

※その他PMCアドレスを設定することで様々な信号の収集が可

運転モード 自動運転モード/手動運転モード/編集モードなど
モーダルデータ Sコード/Fコード/Tコード/第1Mコード/第2Mコード/第3Mコード
アラーム/メッセージ アラーム番号/アラーム種別/アラームメッセージ/発生時刻/復旧時刻/発生件数
加工実績 加工部品数/加工部品総数/運転時間/サイクルタイム
サーボモータの状況 各送り軸モータの位置偏差量/回転数/負荷電流値[%,A]/ロードメータ/サーボモータの巻線温度/パルスコーダ温度
スピンドルモータの状態 主軸ロードメータ/スピンドルモータの巻線温度
座標関連 絶対座標/相対座標/機械座標
NCデータ カスタムマクロ変数の読込/Pコードマクロ変数の読込
操作履歴 操作履歴データの読込

・機種や版数によっては取得不可の項目もあります。
・CNCにオプションが必要な項目もあります。
・モータのデータはモータのタイプによっては取得できないデータもあります。

Point2リアルタイム稼動監視

設備ごとの状態をリアルタイムでモニタリング可能
海外工場のリモート監視を実現

工場のレイアウトに合わせた各機械の動作状態(加工中、停止中、アラーム停止)を見える化。

  • 全体監視画面▲全体監視画面
  • 1台のパソコンで各設備ごとの稼動状況を集中監視することが可能▲1台のパソコンで各設備ごとの稼動状況を集中監視することが可能
PCからでもタブレットからでもデータの閲覧が可能

アラーム発生時にメール送信が可能▲アラーム発生時にメール送信が可能

設備異常をいち早く検知

信号状態をリアルタイムで更新。リアルタイム解析機能により、閾値超えを遠隔監視▲信号状態をリアルタイムで更新。リアルタイム解析機能により、閾値超えを遠隔監視

Point3予防保全への活用

モーター温度・負荷電流等の稼動時に生じる負荷情報を取得することにより、多角的に分析できます。

モーター温度・負荷電流等の稼動時に生じる負荷情報を取得することにより、多角的に分析できます。