ものづくりソリューション VR+R(ヴイ・アール・アール)

  • HOME
  • 最新情報
  • サイトマップ
文字サイズ
-
  • 1
  • 2
  • 3
+

生産能力効率化シミュレータ Reavirtry

日産自動車で生まれたシミュレータ
計算結果だけでは伝わらない… タイミングがわからない…
19万円で解決します。

「Reavirtry(リバトリー)」は、生産ライン設計時の計算ツールです。日産自動車の開発により、ライン仕様検討時の設備稼動率の予測や生産能力比較、ボトルネック工程の抽出、生産台数予測など幅広い用途での活用実績があります。

Reavirtryが答えを出す3つの数値

  • 生産能力
  • タイミング
  • バッファ量

Reavirtryが答えを出す3つの数値

Reavirtryの主な特長

Point 1プログラムなし。
能力検証を簡単実現

従来のシミュレーションと比較し、操作項目が少ない。
ライン、サブ工程、コンベアの3つの要素のみでラインを定義するシンプルさが売り。

Point 2「故障」などバラツキ要素を加味した出来高検証

現場で起こる「バラツキ」は、ライン全体にとってどんな影響を与えるか?
頭の計算だけでは把握できない要素も加えて数値化できます。

Point 3ラインバランス・工程間バッファを定量的に計測

生産数を上げるために必要なバッファ数はいくつ?
故障や合流タイミングも踏まえて計算するときに強い効果を発揮。

このページの先頭へ