ものづくりソリューション VR+R(ヴイ・アール・アール)

スマートロガー

スマートウォッチを活用した作業動態分析ソリューション「スマートロガー®」

トップへ戻る


スマートロガー®(スマートグラス版)の概要

このたび提供するスマートグラスに対応したスマートロガー®は、2016年7月に提供開始した作業者向けスマートウォッチ版に続き、AGC旭硝子(旭硝子株式会社、本社:東京、社長:島村琢哉)と共同開発しました。
スマートグラス端末に搭載された各種センサーやカメラ機能を活用し、作業管理者がハンズフリーで簡単に、作業工程ごとの所要時間と動画データを自動集計できる仕組みです(下図)。管理画面上で、現状の作業時間・動作を定量的に解析しやすく、ムリ・ムダ・ムラの発見に加え、改善活動に必要な分析工数や負荷を大幅に軽減します。また、熟練者と非熟練者の作業を比較・分析し、熟練者の作業の動きや判断のポイントを抽出して、技術・技能伝承に必要なマニュアル作成も可能になります。

図:スマートロガーの利用イメージ

図:スマートロガー®の利用イメージ




スマートロガー®(スマートグラス版)の特長

スマートグラス端末からビデオ映像で現場作業を記録

作業分析の結果と実際の映像を合わせて見ることで、問題に対する原因の判定を容易にします。また、熟練作業者と経験の浅い作業者の分析結果と映像データを比較することで、経験の浅い作業者へ具体的な改善点を示すことができます。作業現場での情報共有としても効果を発揮します。


図:作業管理者が装着するスマートグラス(上)、スマートロガー管理画面(下)

図:作業管理者が装着するスマートグラス(上)、スマートロガー®管理画面(下)



その場で作業を分類しIE作業を効率化

従来はビデオカメラで撮影後、後から映像を見て作業を分類していましたが、スマートグラスを使うことで作業現場を撮影しながらその場で作業分類ができ、分類作業を大幅に軽減できます。分類された作業データはスマートグラスから自動的にサーバーへアップロードされます。従来と比べてデータ収集から分析作業までの時間を1/10以下に削減できます。


press_20161206_03




今後の拡張予定

スマートロガー®を活用した作業現場のログ管理のほか作業指示、リモートメンテナンス、作業場所の危険状態回避など製造・物流現場に貢献する作業者支援ソリューションのラインアップを拡充してまいります。




目に見える改善効果 手に入れる分析手法

製造現場で収集したデータも、分析や見える化に手間がかかっては、継続的な改善は望めません。
スマートロガー®は、スマートウォッチから作業者の動態情報を自動収集し、生産プロセス全体の効率化に向けた
「工程分析」「動作分析」などを進めるお客様の分析作業を効率化します。

抜群の操作性

ハンズフリーで作業をとめずにデータ収集

精緻なデータ分析

データ分析に必要な帳票作成から
動態分析までを「自動化」

継続的な改善活動

データ分析をもとに生産プロセスの
改善につなげます


IE(Industrial Engineering) 分析の圧倒的な効率化

従来までのアナログ作業から脱却
従来までのアナログ作業から脱却-スマートロガー
スマートロガー

作業者がスマートウォッチを装着し、作業工程別にきめ細かな現場作業の動態、作業時間を非接触ハンズフリーで活用できるので、作業を中断して入力するような手間がありません。

リアルタイムに動態データを収集し、作業の動態分析が行なえます

スマートロガー利用イメージ

作業比率(作業者別、作業者合計)

スマートロガー 作業比率・円グラフ

連続作業の1回あたりの作業時間

スマートロガー 作業時間グラフ

作業エリア滞在時間、比率

スマートロガー 作業エリア滞在時間、比率

設備稼働分析(加速度、角加速度他のセンサーデータを活用)

スマートロガー 設備稼働分析

分析画面

スマートロガー 分析画面

利用シーンと分析

スマートロガー 利用シーンと分析

導入効果(AGC旭硝子)

導入実績(2016/6~)


効果


機能

カテゴリ 機能 内容
計測機能 作業ログ ビーコン(※)を用いて、以下の情報を1秒単位に計測する。
作業者、時刻、作業エリア、作業内容、作業品種/品質情報
センサーログ スマートウォッチのセンサーから、下記情報を0.1秒単位に記録する。
加速度(X,Y,Z)、ジャイロ(X,Y,Z)、歩数、方角、照度
通知機能 作業標準時間 設定した作業標準時間をウォッチに通知。
作業範囲外 作業範囲外に出た場合に記録する。
分析機能 作業分析グラフ ウォッチから収集した作業ログをグラフ表示する。
オプション RaFLOWデータ結合 ウォッチアプリにて、利用者がUbisenseのIDを設定することで、
時間とIDをキーに、RaFLOWのデータと結合する。

※ Aplix製の2種類のビーコンを使用。作業内容/品種は、電波範囲が15cm~1.5mに調節可能な近接ビーコン、
作業エリアの計測は、電波範囲が3~30mのビーコンを利用する。