ものづくりソリューション VR+R(ヴイ・アール・アール)

  • HOME
  • 最新情報
  • サイトマップ
文字サイズ
-
  • 1
  • 2
  • 3
+

作業動態分析ソリューション「スマートロガー」SmartLogger

スマートロガーの特長

さまざまなウェアラブルデバイスを活用した動態データの収集

スマートロガーの特長の1つとしてはさまざまなウェアラブルデバイスを用いて作業者の動態データを収集/解析できることです。例えば作業者がスマートウォッチを装着し、工程開始前にスマートウォッチを工程ごとに設置したビーコンに近づけるだけで作業工程の実績(作業内容・時間)が自動集計されます。また、スマートグラスを着用した作業管理者が、ハンズフリーの状態でビデオ映像で現場作業を記録し、作業分析の結果と合わせて見ることで、問題に対する原因の判定が容易となり、経験の浅い作業者へ具体的な改善点を示すことが可能になります。


図:作業管理者が装着するスマートグラス(上)、スマートロガー管理画面(下)

図:作業管理者が装着するスマートグラス(上)、スマートロガー管理画面(下)



その場で作業を分類しIE作業を効率化

従来はビデオカメラで撮影後、後から映像を見て作業を分類していましたが、スマートグラスを使うことで作業現場を撮影しながらその場で作業分類ができ、分類作業を大幅に軽減できます。分類された作業データはスマートグラスから自動的にサーバーへアップロードされます。従来と比べてデータ収集から分析作業までの時間を1/10以下に削減できます。


press_20161206_03

機能
カテゴリ 機能 内容
計測機能 作業ログ ビーコン(※)を用いて、以下の情報を1秒単位に計測する。
作業者、時刻、作業エリア、作業内容、作業品種/品質情報
センサーログ スマートウォッチのセンサーから、下記情報を0.1秒単位に記録する。
加速度(X,Y,Z)、ジャイロ(X,Y,Z)、歩数、方角、照度
通知機能 作業標準時間 設定した作業標準時間をウォッチに通知。
作業範囲外 作業範囲外に出た場合に記録する。
分析機能 作業分析グラフ ウォッチから収集した作業ログをグラフ表示する。
オプション RaFLOWデータ結合 ウォッチアプリにて、利用者がUbisenseのIDを設定することで、
時間とIDをキーに、RaFLOWのデータと結合する。

※ Aplix製の2種類のビーコンを使用。作業内容/品種は、電波範囲が15cm~1.5mに調節可能な近接ビーコン、 作業エリアの計測は、電波範囲が3~30mのビーコンを利用する。