WiseImaging

CEC

導入の流れ トライアルで精度を確かめて確実に導入

「どの程度の検査精度なのか」「対象の検査に適用可能なのか」
検査システムを検討される際、これらの点を確かめたいというのは当然のご要望です。
WiseImagingは本格的な導入の前にトライアルをご用意しています。
まずは検査画像をご提供いただき、検査精度や対象検査への適用度合などをお確かめください。

トライアルから導入まで

Graph

事前に機密保持契約を交わした上で、
サンプル検査画像をお預かりします。
OK画像、NG画像、両方をご用意ください。

お預かりしたサンプル検査画像について、
弊社が処理方法を検討します。
検査内容がディープラーニングに適さない場合は、
別の処理方法をご提案します。

「見込みご報告」では、
お預かりしたサンプル検査画像で
トライした結果をご報告します。
精度向上のためにさらなる学習が必要な場合、
追加で画像をご用意頂くことがあります。

処理フローの作成やディープラーニングでの学習は
貴社でご実施いただくことも可能です。

「見込みご報告」をご確認のうえ、
本導入を進めるかどうかについてご判断ください。
(以降の作業は別途お見積もりとなります。)

本導入にあたっては、トライアル結果を元に
追加学習や処理フローの最適化を行います。
最終的に問題ないことをご判断いただいた上で
ご導入いただきます。

各種サポートサービス

スムーズな導入をサポートするため、下記のサービスをご提供します。
詳細はお問い合わせください。

  • 分類アルゴリズム生成支援サービス(Deep Learningによる学習を含む)
  • Deep Learning画像学習サービス
  • 分類アルゴリズム生成支援サービス(Deep Learningによる学習を含む)
  • Deep Learning画像学習サービス

トライアルは随時受付中
まずはお問い合わせください