WiseImaging

CEC

適用対象検査 製造現場の様々な外観検査に対応

「人間の目では判別できるのに検査システムではうまくチェックできない」
そんなお悩みはありませんか?
WiseImagingはディープラーニングならではの柔軟な判断で、
製造現場の様々な外観検査に適用可能です。

学習する「第2の目」が目視検査を代替

ディープラーニングを画像の判別に使用することで、より人の目に近い検査を実現。

ディープラーニングを画像の判別に使用することで、より人の目に近い検査を実現。

人が目で判断できる検査内容であればWiseImagingで検査を自動化することができます。
人の目ではOKでも従来の検査システムではNGが出てしまうような「キズと汚れの判別」などもお任せください。

適用検査例

  • キズ検査(汚れ検査・異物検査、破損検査)
  • 方向・表裏、形状判断
  • 有無判断、欠陥分類

判別しにくいキズと汚れ、異物の混入や破損などの検査をはじめ、
方向や表裏、形状の判断や有無判断など、目視検査、外観検査全般に適用可能です。

NG品が発生した場合の原因分析用途として欠陥の分類を行うことも可能です。

  • 電子基板
  • 樹脂部品
  • 樹脂部品
  • 金属部品

また、金属部品、樹脂部品、電子基板など、様々なワークを対象とする検査に適用可能です。
改善ご検討中の検査について適用可能か、詳細はお問い合わせください。

検査工程の生産性向上へ
まずはお問い合わせください