FAQ

設備の稼動監視・実績管理システム Facteye

Q1 どのような設備に繋がりますか?
A

CNC、PLC、ロボットなど、工作機械全般に繋がります。詳しくはこちらを参照ください。
尚、プラント設備、電子機器製造機、食品製造機など、専用機には繋がりません。

Q2 イーサネット機能を持たない、古い設備は接続可能ですか?
A

パトライト社のAirGrid経由やPLC経由などで接続可能です。シーイーシーのエンジニアがご提案させていただきます。

Q3 どのようなデータがとれますか?
A

稼動状況や加工実績など、さまざまなデータが取得できます。詳しくはこちらを参照ください。
尚、震動などのms単位のデータや音源データは取得できません。

Q4 1ライセンスで、設備は何台まで繋がりますか?
A

1ライセンスで設備100台まで接続可能です。
尚、異なる場所(拠点)で運用する場合には、別途ライセンスを購入する必要があります。

Q5 どれくらいのデータ量を貯めることができますか?
A

通常ご提供している環境は、20ステータス/設備×100設備(1年間)のデータ量を想定しています。
それ以上のデータの蓄積が必要な場合には、別途ご相談ください。

Q6 パッケージ製品とのことですが、カスタマイズは可能ですか?
A

カスタマイズ可能です。製品に精通したエンジニアが、お客様に合った仕様をご提案いたします。

Q7 マルウェアなど、設備へのサイバー攻撃が心配です。設備のセキュリティ状態も見えますか?
A

設備のセキュリティがご心配の方には、Facteyeと連携して動くセキュリティソフト(ICS Defender)をご提供しております。
詳しくはこちらを参照いただくか、お問い合わせください。

AI・ディープラーニングを活用した高精度画像検査システム WiseImaging

Q1 サンプル画像がないのですが、導入は可能ですか
A

WiseImagingへのインプットとなりますので、サンプル画像は必須です。
サンプル画像がない場合には、サンプル画像の収集方法も含めて提案させていただきますので、ご相談ください。

Q2 良品のサンプル画像しかありません。不良品のサンプル画像がないのですが、導入は可能ですか
A

WiseImagingは良品画像のみでの学習にも対応しています。ただし、その場合でも学習した内容が正しいかの評価(検証)には不良品画像が必要となります。

Q3 検出のパラメータを調整したいのですが、可能でしょうか
A

可能です。
パラメータ調整によって、過剰・過少検出など、検出頻度を調整することができます。

Q4 どのようなワークに適していますか。また適していないものはありますか?
A

画像にした場合に、目視で不良箇所が分かるワークであれば、どのようなワークにも適用できる可能性があります。
ただし、画像にして不良箇所が分からない場合や、ワークの大きさに対して、欠陥箇所の割合が極端に小さいものは検出が難しくなります。

Q5 ライセンスの考え方を教えてください。
A

WiseImagingをインストールするPCごとに、ライセンスをカウントしています。
検査対象が1つであっても、PC2台にインストールした場合には、基本ライセンス+追加用検査クライアントライセンスの計2ライセンスが必要です。

お電話でのお問い合わせ(受付時間:平日9:00-17:45)

0120-057-232携帯電話の場合:03-5789-2587

Webからのお問い合わせ

page top