新着情報

2019.05.20お知らせ

「WiseImaging」 良品学習と転移学習に対応、学習を効率化したVer.1.5をリリース

シーイーシーは、ディープラーニングを活用したAI外観検査・画像検査システム「WiseImaging®(ワイズイメージング)」に、新機能を追加した最新バージョン「WiseImaging Ver.1.5」を提供開始しましたので、お知らせします。

今回のバージョンアップでは、良品画像データのみの学習で検査モデルを構築する「良品学習」機能を追加し、不良品が発生しにくい工程への対応を行ったほか、独自の学習済みモデルをベースに素早く学習を進める「転移学習」に対応しました。また、その他にも学習を効率化する複数の機能を追加しています。

導入事例:トヨタ自動車株式会社様
https://vrr.cec-ltd.co.jp/case/wiseimaging02.html

WiseImaging Ver.1.5の主な特長

良品学習 画像データ入手の手間を削減、不良品が出にくい工程でも導入可能

AI画像検査を導入する場合、通常は良品・不良品双方の画像データを大量に用意する必要があります。一方、一般的な生産現場では不良品の発生が少なく、その画像を入手するには手間がかかります。今回追加された「良品学習」は、良品画像データのみを学習に使用し、「WiseImaging」独自のアルゴリズムにより異常度を算出、判定を行うものです。この機能は、学習用画像データ入手の手間を削減するとともに、不良品が出にくい工程の検査へのAI導入を可能とします。

良品学習

図1:「良品学習」の概要

転移学習 学習時間を1/25に大幅短縮、現場投入までのリードタイムを短く

転移学習は、学習済みのモデルを別の領域に適用することで、学習データ数の削減と学習時間の短縮、学習の安定化を行う手法です。「WiseImaging」最新バージョンでは、転移元として画像検査に特化した学習済みモデルを組み込み、精度の高い検査モデルを素早く構築することが可能となりました。(学習時間:1/25に短縮、精度:10%の向上*)

* 当社テストにおける従来手法との比較

転移学習

図2:「転移学習」の概要

本バージョンにて追加された学習作業を効率化するその他の機能

●画像一括読み込み機能

●画像水増し機能

●学習時のバッチサイズ調整機能

お電話でのお問い合わせ(受付時間:平日9:00-17:45)

0120-057-232携帯電話の場合:03-5789-2587

Webからのお問い合わせ

page top