Facteye
Facteye

IoTデータの収集 / 設備 設備の稼動監視・実績管理システム
「Facteye」
各社NCコントローラーと直接接続、
より深く詳細なデータを取得可能

モノづくり現場でこんな課題はありませんか?

  • 設備の稼動状況は、現場でしか把握できない
  • 収集した設備稼動データを分析し、稼動率を向上させたい
  • トラブル発生時のすばやい対応と要因分析をおこないたい
  • ひとつのワークが出来上がるまでの経緯とトータル時間を把握したい
  • 設備の経年劣化や異常の予兆をトラブルが起こる前に察知したい

Facteyeとは 生産設備のリアルタイムな監視と加工実績データの収集で
問題の早期発見・復旧、加工条件と稼動負荷の分析を支援します。

Facteye(ファクティエ)は、生産設備の詳細な稼動データを簡単に収集できるシステムです。
CNC、PLC、各種センサーやロボットなど、工場に導入されている設備機器にマルチベンダーで対応し、ログやアラーム、
制御信号などの稼動実績情報を自動取得してデータベース化。
設備の稼動状況のリアルタイムな監視を実現し、設備ごとの加工/停止時間やアラーム発生時の主軸負荷などを分析して
問題の早期発見・復旧、ひとつの製品が出来上がるまでの加工条件や稼動負荷データを分析することで、
効率的な予防保全へと結びつけ、設備稼動のQCD向上を強力にサポートします。

生産設備のリアルタイムな監視と加工実績データの分析で問題の早期発見・復旧、設備の予防保全を支援

導入効果

効果1設備稼動状況のリアルタイムな監視で、問題発生時の早期対応が可能に

リアルタイムなリモート監視を実現できます。
遠隔地からでも各設備の稼動状況を工場全体/ライン単位/各設備ごとに一括監視できます。
機械停止などの問題発生時には、アラームの種別やメッセージをわかりやすく表示。
ロスや問題への早期対応・復旧を支援します。

設備稼動状況のリアルタイムな監視で、問題発生時の早期対応が可能に

効果2自動帳票出力機能により、停止要因の分析を支援

さまざまなデータを収集できるだけでなく、収集したデータを自動出力することが可能なため、設備停止の要因分析が行いやすい形でデータを確認することができます。

自動帳票出力機能により、停止要因の分析を支援

効果3「なぜ」が分かるデータを収集可能、品質劣化の真因分析を支援

外部センサーを介することなく、直接各NCコントローラーとつなげることで、より深く・詳細な稼動データを入手できます。また外部センサーを介することで、環境データも収集可能になり、相関分析を行うことができます。
それにより、品質劣化の真因に近づきます。

「なぜ」が分かるデータを収集可能、品質劣化の真因分析を支援

CEATEC JAPAN 2019


特長

1リアルタイムな稼動・実績監視を実現

Facteyeは、各設備機器の稼動状態 (切断中/運転中/停止中/一時停止中/アラーム中/非常停止中)を、工場のレイアウトに合わせた全体監視画面 /各設備ごとの状態監視画面でわかりやすく表示します。信号情報もリアルタイムに更新されるため、閾値超えを遠隔地からリモート監視することもでき、生産計画の適正な進捗をリアルタイムに監視することが可能です。

生産/計画台数や運転状況を
あんどん形式で表示

生産/計画台数や運転状況を<br>あんどん形式で表示

NC、ロボット、周辺機器を
リアルタイムで稼動監視

NC、ロボット、周辺機器をリアルタイムで稼動監視

リアルタイム稼動監視で、生産進捗管理とロスの早期発見が可能に!

2設備の稼動実績収集・出力機能で、設備停止の要因分析をサポート

Facteyeは、Excel形式で月報・週報・日報を自動出力する機能を持ち、分析しやすいフォーマットも予め帳票としてご用意しているため、すぐに分析にとりかかることができます。
設備運転・停止時の信号状態などを詳細に分析することで、設備停止の要因の特定に役立ちます。

ある設備の稼動状況(日報)

ある設備の稼動状況(日報)

運転時における、切削/非切削時間の割合

運転時における、切削/非切削時間の割合

停止の要因ごとの時間(1日)

停止の要因ごとの時間(1日)

3ON/OFFのデータだけでなく、より詳細な情報も収集可能

Facteyeは、今まで作業者が各設備を回って取得していたデータを自動取得。またON/OFFデータだけでなく、その種類や時間を履歴として収集可能なため、分析に必要なデータを入手することができます。

流値や温度などのアナログデータ、
制御信号も収集

アラームのON/OFFデータだけでなく、
アラームの種類やメッセージも収集

導入事例・ケーススタディ

アイシン・エイ・ダブリュ株式会社 様

導入前の課題
  • 各設備ごとに設備情報を自動収集するための方策が必要
  • 設備管理者が設備点検表を一旦紙に記録し、管理データベースに入力。関連情報の収集・集約に多大な工数を要し、時間的ロスが発生。
Facteye
の導入で!
導入ポイント・導入効果
  • 現場管理者の工数が低減。本来の生産管理業務に集中。
  • 設備情報の自動取得によりヒューマンエラーがなくなり、データ解析精度が向上
  • データの収集・解析作業が効率化され、問題の早期発見・早期対処が可能に

部品加工メーカー A社

導入前の課題
  • 金属部品加工なので、機械部品・工具・刃物の摩耗・損傷が著しい
  • 微細な金属部品を自動運転で切削加工しているが、工具の緩衝位置調整が難しく、オーバーライドも発生しがち
  • 定時までに作業を終わらせるために、現場では設備の稼動サイクルに合わせた生産計画が組まれがち
Facteye
の導入で!
導入ポイント・導入効果
  • 終業時刻直前の稼動率が低いことが判明。「自動電源OFF機能」を付加し、終業時間後も稼動させることで、稼動率が向上。
  • Facteyeのトリガロギング機能を活用し、測定結果のマクロ変数値を自動出力。そこに、交差範囲外はエラー表示するなどの機能をエクセルマクロで作成し、自動化することができた。

CEATEC JAPAN 2019

お電話でのお問い合わせ(受付時間:平日9:00-17:45)

0120-057-232携帯電話の場合:03-5789-2587

Webからのお問い合わせ

page top