ものづくりソリューション VR+R(ヴイ・アール・アール)

  • HOME
  • 最新情報
  • サイトマップ
文字サイズ
-
  • 1
  • 2
  • 3
+

「設備・人・モノ」の工場IoTデータを可視化してQCDを向上

Visual Factoryの機能と画面構成例

国、地域を超えたグローバルな生産拠点を工場・ライン単位で可視化

  • マップ
  • トップ

設備の負荷データを可視化しアラームの発生要因を分析

※切削条件(プログラム、工具情報など)、稼働時の負荷(温度、電流、振動など)の収集

アラーム発生要因分析

出来高・稼働率に加え、設備稼働データと品質データを組み合わせて生産ラインを評価

※OEE(設備総合効率)の算出:設備稼働率×性能稼働率×良品率

データ蓄積

設備・人・モノのIoTデータを活用し、計画通りに運用できていない要因を解析

例:ドカ停要因の分析

品質分析

モノの品質データの可視化。不良品の発生要因分析。

※測定データ、外観検査データをシリアル番号と紐づけて管理・検索

評価

再発防止策の検討・復旧手順の共有に、動画データと紐づけてデータ蓄積(機能追加予定)

※アラーム発生時の設備以上を記録した動画、復旧手順を記録した動画

評価

安全・迅速な工場運営のため設備稼働・人の位置情報を組み合わせて通知(機能追加予定)

例1:危険エリアの侵入を検知し、作業者へ通知

例2:設備の停止・アラームを検知し、作業者へ通知

資料請求・トライアル

お問い合わせ