Visual Factory
Visual Factory

IoTデータの利活用/可視化 工場IoTデータ可視化システム
「Visual Factory」
リアルタイム監視により、迅速な判断を支援。運用しながらデータを蓄積、より効果が大きな改善へ

製造現場で次に何をすべきか、見えていますか?

「緊急対応」と「計画・改善」の次の一手は、IoT利活用で見つかります!

モノづくり現場の課題を解決する
「Visual Factory」とは

現場の課題解決と改善に向け、設備・人・モノのIoTデータをリノベーション
製造現場のQCDS向上と意思決定を支援

Visual Factory(ビジュアルファクトリー)は、設備・人・モノのIoTデータを収集、相互に紐づけて可視化する工場IoTシステムを構築するサービスです。IoTデータを製造現場が必要とする情報に変換してフィードバックすることで、迅速な意思決定と品質(Quality) /コスト(Cost) /納期(Delivery) /安全性(Safety)の向上を支援します。

製造業のお客様からのニーズと、FAシステムに長年携わってきたシーイーシーのノウハウを元に、工場長、保全部門、現場作業者、それぞれの立場に合わせて「現場で役に立つ」IoTシステムを提供します。

特長

現場対処・計画改善
両面で役立つ

現場対処・計画改善両面で役立つ

発生事象を監視して対処すべきポイントを探す視点、計画と実績の対比から改善点を探り出す視点、両方の機能を用意

現場で効果が出る仕組みを
短期間で構築

現場で効果が出る仕組みを短期間で構築

単なるIoTデータ収集ではなく、見たい情報から発想した「現場目線」の標準画面を提供、素早く効果を発揮

設備・人・モノのIoTデータで
生産現場全体を見渡す

設備・人・モノのIoTデータで生産現場全体を見渡す

設備やモノだけでなく、生産現場でカギとなる人の動きもIoTで取得、現場全体を俯瞰することが可能に

他にもあるVisual Factoryのポイント

point1現場発想で設計したIoT

Visual Factoryは生産現場を深く知るシーイーシーのノウハウを元に、現場で見たい情報から発想して設計されています。
単なるIoTデータ収集システムではなく、IoTを使った現場改善ツールです。

point2既存生産管理システムと連携可能

IoTで取得された実績データは、計画値や設計値と比較してこそ意味を持ちます。
既存の生産管理システムなどとの連携もお任せください。

point3特定センサーに依存しない

モノづくりのデータ収集はシーイーシーが得意とする領域の一つ。IoTデータ収集製品を豊富にラインナップしているだけでなく、必要に応じて最適なデータ収集方法をご提案します。

point4スモールスタートで段階導入可能

IoTシステム構築を成功させるには、効果を出しながら一歩一歩導入することも求められます。
Visual Factoryは部分的な構成で導入しても、しっかり効果を出すことが可能です。

画面例

1製造現場のリアルタイム監視

  • 設備の稼動情報と作業者の位置情報をリアルタイムに表示。
  • 発生アラームや応援呼び出し、先の作業予定から最適化した作業を支援。
    ⇒リアルタイムで問題を把握し、ダウンタイムを削減!

製造現場のリアルタイム監視

2設備総合効率(OEE)を可視化

  • 設備稼動データと品質データを組み合わせて分析
  • ロス発生要素と工程を紐づけ、総合的に設備稼動効率を評価
    ⇒さらなるライン改善につなげる。

設備総合効率(OEE)を可視化

33M*チャートによるムダ取り分析

  • 設備・人・モノの情報を組合せ可視化
  • 生産ロスの発生要因やムダな稼動の要因を分析
    ⇒設備停止時のボトルネックを特定して、生産プロセスを改善

3M(原材料:Material 機械設備:Machine 作業員:Man )チャートによるムダ取り分析

*3M:Material(原材料)、Machine(機械設備)、Man(作業員)

4総合労働効率分析によるムダ取り分析

  • 設備・人の情報を組合せ可視化
  • 作業者のムダな作業時間と有効生産時間を算出して評価

    ⇒作業手順・人員配置などの改善を支援

総合労働効率分析によるムダ取り分析

お電話でのお問い合わせ(受付時間:平日9:00-17:45)

0120-057-232携帯電話の場合:03-5789-2587

Webからのお問い合わせ

page top