WiseImaging

CEC

特長と効果 AI・ディープラーニングで検査工程の生産性と効率を向上

「画像検査の精度が上がらない」「目視検査を自動化したいが設計が難しい」
画像検査、外観検査のこのような課題にお応えすべく
新しいAI技術要素=ディープラーニングで画像検査を進化させたシステム
それがWiseImaging(ワイズイメージング)です。

過検出の抑制で再検査の手間を軽減

従来の画像検査 本当はOK品かも…再検査に手間がかかる… 微妙な判定もおまかせ!過検出抑制で効率UP!

製造ラインにおいて、検査精度に安全マージンを設けるのは当然のことですが、
マージン設定によって一定以上の良品が不良と判定されてしまうのもまた事実です。

この状態では歩留まりがマイナスになるだけでなく、
目視による再検査の手戻りも決して無視できません。

WiseImagingは学習するAI検査システム。

学習データから最適な学習を行い人の目に近い検査を実現、
過検出を抑制します。


再検査にかかる人手の軽減は、検査工程全体の効率アップにつながるはずです。

AIの検査観点が一目でわかる

目視検査の自動化で効率アップ

「AIはブラックボックスだがら信頼できない」。そんなご意見をよく耳にします。
WiseImagingは判定根拠となる特徴をヒートマップ画像として可視化。精度と信頼性を視覚的に評価できるほか、検証時に精度向上へのフィードバックにも活用可能です。
AIの判定基準を視覚的に確認したうえで、検査に適用することができます。

目視検査の自動化で効率アップ

検査機器では精度が出ず、自動化をあきらめている検査はありませんか?

検査機器では精度が出ず、自動化をあきらめている検査はありませんか?

ディープラーニングを活用したWiseImagingなら、より人の目に近い判別が可能です。
これまで自動化できなかった目視検査にも、きっと適用できます。

製造現場の生産効率をより一層高めるための方策として、
目視検査の自動化を是非ご検討ください。

設計の手間なく素早く導入、展開

検査機器では精度が出ず、自動化をあきらめている検査はありませんか?

「画像検査を手掛けられる技術者が社内にいない」
「アルゴリズムの設計やチューニングにかかる手間が大きい」


画像検査導入の検討にあたり、
このようなお悩みをお持ちではありませんか?

WiseImagingは学習データを元に自動で判定を最適化

WiseImagingは学習データを元に自動で判定を最適化

アルゴリズムのチューニングに試行錯誤する手間をかけずに
導入や複数ラインへの展開をすばやく実施することができます。
もちろん、判定精度は事前確認することが可能です。

WiseImagingは学習データを元に自動で判定を最適化

また、設定はWindowsアプリで行うため
検査アルゴリズムの設定のほか
学習させる不良品データの欠陥位置指定なども
GUIによる簡単な操作で行うことができます。

設定やシステムの学習実施についてはシーイーシーがサポートしますので、
対応できる技術者がいない場合でも導入はスムーズです。

検査工程の生産性向上へ
まずはお問い合わせください