WiseImaging

CEC

新着情報 検査の精度と信頼性を向上したVer.1.4をリリース

2018/10/02

シーイーシーは、ディープラーニング技術を活用したAI画像検査システム「WiseImaging®」に、新機能を追加した最新バージョン「WiseImaging Ver.1.4」を提供開始しましたので、お知らせします。

今回のバージョンアップでは、欠陥位置を指定して画像データを学習する「欠陥位置指定学習」機能の追加で検査の精度と信頼性を向上させたほか、指定フォルダー内への画像ファイルの追加を検出して検査を行う機能やユーザーインターフェースの見直しによって使い勝手を改善しています。

また、ご要望をいただくことが多かった、WiseImaging用PCハードウェアの選定や製造現場へのハードウェア設置を、今回のバージョンアップと同時にオプションサービスとして提供開始しました。

WiseImaging Ver.1.4の主な特長

検査精度と信頼性が向上、NG検出100%達成率が3割アップ ~欠陥位置指定学習機能~

従来、WiseImagingは入力された画像全体を学習データとしていましたが、今回の機能追加により、入力画像上の欠陥位置を指定し、欠陥の特徴に絞って学習することが可能となりました。弊社テストにおいてNG検出100%を達成した件数の割合が3割アップ、検査精度も平均5%向上しています。また、検査着目点をヒートマップとして可視化した際、欠陥箇所への反応が従来よりも明確となり、信頼性も高いものとなっています(図1)。

ラベリング画面と欠陥位置指定学習の有無による判定の差異
  • 従来の学習 【従来の学習】
    欠陥箇所以外にも欠陥の可能性のある個所を検出している
  • 欠陥位置指定学習 【欠陥位置指定学習】
    欠陥箇所のみを検出しており、従来の学習と比較して信頼性が高い

図1:欠陥位置を指定するラベリング画面と欠陥位置指定学習の有無による判定の差異

判定自動化を容易に実現 ~指定フォルダー内画像ファイル 検知機能~

指定したフォルダーを監視して追加された画像ファイルを自動的に検査する機能を追加し、判定自動化を容易に実現することが可能となりました。画像検査機器や検査用カメラなど、検査画像を取得する環境を既にお持ちであれば、既存環境にWiseImagingを追加することで素早くAI画像検査をご導入いただけます。

指定フォルダー内画像ファイル 検知機能の利用概念図

図2:指定フォルダー内画像ファイル 検知機能の利用概念図

学習ツールのユーザーインターフェースを一新

前処理や学習などの機能ごとに画面を分け、より簡単に操作いただける画面構成としました。

GUIを一新したLearning Platformの画面例

図3:GUIを一新したLearning Platformの画面例

上記以外に、学習ネットワークの詳細設定にプリセットを追加するなどの設定機能追加や、検査ステップの追加など、使いやすさを向上する機能改善を行っています。

WiseImaging 機器設置サービスの概要

WiseImagingをスムーズにご活用いただけるよう、UPS(非常用電源)とともにラックに格納し、お客様工場内への設置作業を代行するサービスです。面倒な工場検査現場内への搬入・配線・設置・動作確認作業についても対応いたします。

サービス例:120万円(税抜)プラン

• サーバーラック(25Uラック、転倒防止板、クーラーなし)
• UPS(1台、出力容量(1200VA/1200W))
• ラック搬入作業
• ラック設置作業(耐震工事なし)
• 機器設置および配線作業
• 動作確認作業

※本サービスはオプションです。上記プランにはWiseImagingソフトウェアライセンス、保守費用は含まれておりません。

検査画像ご提供でトライアル
まずはお問い合わせください