物流省人化システム特別キャンペーン コロナ対策として受付業務の接触機会を削減できる
「LogiPull」を特別価格でご提供

新型コロナウイルス対策支援として、物流効率化ICTソリューション「LogiPull(ロジプル)」を特別価格でご提供します。
今回の新型コロナウイルス感染症の流行下において、物流機能の重要性が改めてクローズアップされました。
業務を止めることができない物流事業者様にとって、接触機会の削減が重要課題となっていることと存じます。

物流効率化ICTソリューション「LogiPull(ロジプル)」は、物流施設における省人化、無人化を支援するソリューションです。これを接触機会の削減にもお役立ていただきたく、期間限定で特別価格でご提供します。

キャンペーン内容

キャンペーン特典

■ 接触機会の削減に効果的な、「受付」「誘導」「実績管理」を、初期ライセンス費用無料の特別価格でご提供

今回のキャンペーンは、このような方におすすめです。
・接触機会を減らしながら倉庫/物流センターの運営を継続する策をご検討中の方
・カスタマイズを前提にシステム導入をお考えの方
・車両の入出退管理を完全自動化したいとお考えの方
・運賃計算やダイヤ管理など、既存の社内システムとバース管理の統合をお考えの方

期間 2020年5月18日(月)~6月30日(火)
対象 ・LogiPullを新規でご契約いただく事業者様
・既存のLogiPullご契約者で、新規にご契約いただく事業者様(新規ご契約分のみ)
特記事項 ・キャンペーン期間中のご利用時も、月額システム利用料を頂戴します。(7万円/月)
・車両呼出機能は、音声電話回線を利用します。電話通信料を頂戴します。
・ご利用には、タブレット端末2台、インターネット接続環境が必要です。

対応機能

接触機会の削減の削減に効果的な、下記3機能の標準版を、初期ライセンス費用を無料でご提供します。
● 受付機能:タブレット端末を用いて受付を無人化します。
● 車両誘導機能:自動音声電話で順番が来たドライバーをバースに誘導します。
● 実績管理機能:作業完了の記録を、タブレット端末で入力します。

カスタマイズしてご利用いただく場合も、初期ライセンス費用無料

導入後の機能カスタマイズ時に、初期ライセンス費用を無料にてご対応します。
LogiPull(ロジプル)は、物流施設の運用に合わせた高いカスタマイズ性が特徴です。
また、カメラを使った車番認識や、電光掲示板での車両誘導など、これまで人手で対応してきた業務をシステム化により無人化することを目的としています。
通常、LogiPullをカスタマイズしてご利用いただく場合は、「初期ライセンス費用」とカスタマイズ項目に応じた「カスタマイズ費用」、利用する機器に応じた「ハードウェア費用」を頂戴していますが、キャンペーン期間中にお申し込みいただいたお客様に限り、ご利用いただく「初期ライセンス費用」を無料でご提供します。

LogiPullとは

「LogiPull(ロジプル)」は、工場や物流拠点のトラック積み下ろしを効率化する物流ICTソリューションです。
「バース予約管理」「車両入退管理」「受付管理」「車両誘導」「バース実績管理」のサービスにより、お客様の物流業務を支援します。
「LogiPull」の詳細はこちら:物流効率化ICTソリューション「LogiPull」

機能カスタマイズイメージ

LogiPullは、物流施設毎の運用フローに合わせて、車番認識や別システムとの連携も含めた総合的なバース管理システムを構築できます。

お電話でのお問い合わせ(受付時間:平日9:00-17:45)

0120-057-232携帯電話の場合:03-5789-2587

Webからのお問い合わせ

page top