作業者支援ソリューション コネクテッドワーカーの実現で
製造業の人材不足・競争力強化の課題解決へ
作業員と情報を結び付け「より早くより良い判断」へ、モノづくり人材を支援

Connected Workerとは

シーイーシーでは、ウエアラブル端末などを駆使。技能・スキル評価のデジタル化をはじめとして、作業指示や遠隔支援、さらには完了点検報告の自動化、熟練技能の資産化まで、デジタル技術で作業者がもっとも能力を発揮できる環境・手段を提供しています。

国内製造業が競争力を強化するために今、必要な取り組みとは?

国内製造業で
深刻化する技能人材不足

特に技能人材は、
製造業企業の
半数以上で不足感

人材確保、競争力強化へ向けた
2つのポイント!

技能人材が
活躍できる場づくり

技能のデジタル化による
徹底的な省力化

高いスキルを持つ技能人材が、
その能力を最大限に発揮できる
環境づくりを実現
「作業者支援ソリューション」

シーイーシーでは、ウエアラブル端末などを駆使。技能・スキル評価のデジタル化をはじめとして、作業指示や遠隔支援、さらには完了点検報告の自動化、熟練技能の資産化まで、デジタル技術で作業者がもっとも能力を発揮できる環境・手段を提供しています。

作業者支援ソリューションで作業環境が変わる!

ポイント1
勘・コツなどを数値化、
データで判断できる環境へ
ポイント2
職種・属性、仕事内容に基づく
最適な指示・情報提供を実現
ポイント3
4Mデータと映像で
技能・ノウハウを形式知化

パーソナライズされた作業指示

設備のアラーム・状態、必要スキルなど点在する情報を集積。パーソナライズされた作業指示をウェアラブル端末で提供。

遠隔サポート/業務効率化

ウェアラブル端末でいつでも状況把握でき、熟練者による遠隔支援や報告業務の自動化、ダイバーシティ対応も可能に。

技能/スキル評価のデジタル化

作業者周辺の状態をセンシングし、スキル・技能をデジタル化。勘・コツ頼りの作業を、データで確認できる環境へ。

教育コンテンツ

若手技術者を支援したときの映像や音声、指示内容などを4Mデータと映像でデジタル化し、技能・ノウハウを共有。

作業者と情報を結び付ける
作業者支援ソリューションの概要

現在、シーイーシーでは、作業者支援ソリューションの中で、ウエアラブル端末を活用した「作業動態把握」「作業指示」「遠隔支援」のソリューションを提供しています。

01

作業動態把握

スマートウォッチで作業データを収集、作業状況を見える化・分析!

スマートウォッチをビーコンにかざすだけの操作で、作業開始/終了時刻や作業内容などのデータを簡単・手軽に収集できます。

ビーコンにスマートウォッチを近づけるだけで作業時間を計測!

作業効率を見える化

02

作業指示

作業者へスマートウォッチで設備のアラートを通知

設備からアラーム情報や設備稼働状況を、スマートウォッチで確実に通知、設備ダウンタイム短縮や生産効率の向上を実現します。

工場内の設備機器に問題発生

モーターオーバーヒート発生

スマートウォッチで通知

スマートフォンでも
通知可能

スピーディな対応へ!

03

遠隔支援・業務効率化

スマートグラスで、現場のトラブル復旧・コミュニケーションを支援

スマートグラスで映像共有などを行い、離れた場所でも作業指示を可能に。
さらに、外国人・障がい者と言語の壁を越えて能力を最大化できるように現場作業者を支援します。

トラブル復旧を遠隔支援

スマートグラスで遠隔地から映像やテキストによる復旧指示ができる!

コミュニケーション支援

外国人従業員

言語の壁を越えて
意思疎通を!

聴覚障がい者

聞き取れない言葉を伝え、
共通理解を!

導入事例

アイシン・エィ・ダブリュ株式会社 様

聴覚に障がいを持つ従業員と
円滑なコミュニケーションを図るため
EdaGlass(エダグラス)の活用実証実験を実施中。
ライン外教育で大きな成果が見込めそうです。

導入のポイント
導入効果
01
保護めがねタイプのスマートグラスで指示者の声を文字で認識
02
56時間かかっていた ライン外教育の研修が 33時間に大幅短縮
03
将来は議事録を 自動作成するツール としても使いたい

お電話でのお問い合わせ(受付時間:平日9:00-17:45)

0120-057-232携帯電話の場合:03-5789-2587

Webからのお問い合わせ

page top