SmartFollow
SmartFollow

IoTデータの利活用 / 通知 ウェアラブル型作業者支援システム
「SmartFollow」
設備故障やチョコ停を
スマートウォッチに通知、
ロス低減により設備の稼働率向上

モノづくり現場でこんな課題はありませんか?

  • 設備の異常を知らせるパトランプが点滅しても、作業者がすぐに気づかない
  • 設備故障の際に保全担当者と連絡がつかず、対応が遅れがち
  • 設備停止時には速やかに対処したいが、担当者任せにして対応が遅れがち
  • 工程間の連絡が悪く、作業待ちや指示遅れなどのロスが発生しがち

SmartFollowとは 設備のアラームを作業者へ通知、
スピーディな対応でダウンタイム削減・稼働率向上!

SmartFollow(スマートフォロー)は、設備に問題が発生した際に、迅速に作業者への通知を行うシステムです。
アラーム情報や設備稼働状況を的確に通知し、作業者の意思決定を支援。迅速な復旧対応によりダウンタイムを短縮し、設備稼働率を向上させます。

設備のアラームを作業者へ通知、スピーディな対応でダウンタイム削減・稼働率向上!

関西物流展 2019


導入効果

効果1スマートウォッチで確実に通知、設備ダウンタイム短縮を実現

設備からアラーム情報を受けとると、 スマートフォローは即座に最適な作業者へ問題発生を通知。スマートウォッチの振動により確実に通知が分かるため、アラームへの迅速な対応、設備のダウンタイム短縮に役立ちます。

スマートウォッチで確実に通知、スピーディな対応へ

効果2設備アラームの内容に応じて適切な作業者へ通知

スマートフォローは、アラームの種類によって通知するグループを振り分けることが可能です。チョコ停の場合は設備担当者へ、設備故障の場合は保全担当者へとスキルや職務に応じて通知する対象者を振り分け、必要な情報を通知します。

スマートウォッチで確実に通知、スピーディな対応へ

効果3設備の加工状況に応じて作業指示を通知し、稼働率を向上

SmartFollowは、設備のアラーム情報だけでなく、設備の加工状態に応じて作業指示も通知することができます。例えば、弊社の設備稼働監視システム"Facteye"と連携することで、設備のプログラムの進捗をトリガーに、指定した作業者へ「段取りへ向かってください」などの指示を送ることができます。それにより、段取りを前倒して行うことができ、設備の待機時間を削減できます。

設備の加工状況に応じて作業指示

特長

1"現場で使える"緊急時のコミュニケーションツール

 設備に問題が発生した際に、最適な担当者に通知するのはもちろん、通知された人が対応の可不を回答可能。
 他の担当者とリアルタイムに対応状況を共有することで、対応不可の場合にも、迅速なフォローを促すことができます。

緊急時のコミュニケーションツール

2再通知機能などで対応完了までしっかりフォロー

設備アラート発生後に、作業者へ通知を行った後、一定時間以上機械が停止している場合には担当者へ繰り返し通知を行えるなど、問題の解決までフォローします。

再通知

緊急時のコミュニケーションツール

エスカレーション通知

緊急時のコミュニケーションツール

3APIで、既存のシステムとの連携

SmartFollowは、APIを提供しております。貴社システムとAPI連携することにより、任意の情報を任意のタイミングで、作業者に通知するシステムを手軽に構築することが可能です。

緊急時のコミュニケーションツール

導入事例・ケーススタディ

自動車部品メーカー A社

導入前の課題
  • 1人の作業者が複数の機械を担当する多台持ちの現場で、設備の異常発見/対応が遅れがち。
SmartFollow
の導入で!
導入ポイント・導入効果
  • リアルタイムな通知で、他設備対応中でも異常発生にすぐに気が付け、ダウンタイム低減。
  • 他の作業員と状況共有することで、担当者が対応不可な状況でもタイムリーな支援が可能。

関西物流展 2019

お電話でのお問い合わせ(受付時間:平日9:00-17:45)

0120-057-232携帯電話の場合:03-5789-2587

Webからのお問い合わせ

page top