コンセプト 次世代ものづくり・スマートファクトリーの実現を目指して 生産現場の可視化から
ICTによる生産の
最適化、自動化・自律化へ

シーイーシーが目指す
スマートファクトリー
工場・ラインの「可視化」「最適化」から
「自動化・自律化」された
スマートファクトリーの実現へ

日本の次世代ものづくりとして提唱されているConnected Industries(コネクテッド・インダストリーズ)。
日本版Industrie 4.0(インダストリー4.0)とも言える、このコンセプトの実現には、ICTの活用が不可欠です。
シーイーシーは、工場・ラインを「可視化」するIoTデータ利活用ソリューションをベースとして、製造現場QCDS向上を支援するICTソリューションを提供。さらに、人の作業と生産プロセスの「最適化」や、通知・制御・指示を「自動化」する取り組みを進め、「自律的」に稼動するスマートファクトリーの実現を目指しています。

サイバー/フィジカルの対比で
現場情報を把握・分析
「日本版デジタルツイン」の実現が
「ものづくり」を変える

「VR+R」とは、シーイーシーが2008年から提唱してきた「ものづくりソリューション」の重要なコンセプト。
フィジカル(現実)の製造現場とサイバー(仮想)空間上の現場を対比させることで継続的な改善を目指す、いわば「日本版デジタルツイン」です。シーイーシーはこのコンセプトに基づき、ICTの面から「ものづくり」を支援しています。

シーイーシーの強み 組立加工製造業向けの豊富な
実績に基づくノウハウで
「生産現場が使いこなせる」
ITソリューションを実現

創業当初から自動車・産業機械を中心に、組立製造業向けのソリューションを展開してきたシーイーシー。数多くのシステム開発、アプリケーション開発、ITインフラ構築を手掛けてきました。マルチベンダーで既存の生産設備とも柔軟に連携し、製造現場が直面する課題に的確に応えるICTソリューションをご提案しています。

活用イメージ

FA領域における歩み シミュレーション、IoT、AI…
ICT技術を磨いてきたシーイーシー
生産現場の課題解決に、
これからも貢献

シーイーシーは、創業当初からFA機器やCAD開発に関わり、生産技術の向上に貢献してきました。そして、その技術ノウハウを結集して、 2008年には、日本版デジタルツイン、サイバーフィジカルシステムの実現へ向けたものづくりソリューション「VR+R」が誕生。生産現場に即効性・実現性あるソリューションを提案し続けています。

1973
  • シーイーシーのシステム技術開発部門がNC分野に参画
1984
  • 大手FA機器メーカーファナックと共同出資会社を設立し
    NCおよびFA関連ソフトウェアの開発・販売を開始
1990
  • 大手FA機器メーカーファナックと共同出資会社を設立し
    一般産業向けロボットシステムの販売を開始
2008
  • ものづくりソリューション「VR+R」誕生
    「製造現場見える化支援」などを提供開始
2009
  • シミュレーション領域拡大
    人・モノ・機械の動きを見える化する動線分析ソフト
    「RaFLOW」提供開始
2010
  • 設備の稼動監視・実績管理システム
    「Facteye」の提供開始
  • 工場現場・倉庫向けのソリューション拡大
    生産現場の効率化を支援する「RaAP」提供開始
2015
  • 位置情報、動線管理分野で製品化、協業加速
    工場立上げを仮想検証するソフトウェア「Virfit」
    新バージョン提供開始
2016
  • AI技術の活用、製品化、IoT活用事例、実証が拡がる
    DeepLearningを活用した画像検査システム
    「WiseImaging」提供開始
2017
  • 設備・人・モノのIoTを実現
    「Visual Factory」誕生
2019
  • ブランドロゴ及びプロダクトロゴデザインを刷新
  • スマートグラス作業者支援システム「EdaGlass」提供開始

お電話でのお問い合わせ(受付時間:平日9:00-17:45)

0120-057-232携帯電話の場合:03-5789-2587

Webからのお問い合わせ

page top