×画像検査へのAI活用導入前の検討ポイントダウンロード画像検査へのAI活用導入前の検討ポイントダウンロード

導入の流れ

トライアルで精度を確かめてから
導入検討いただけます。

「どの程度の検査精度なのか」「対象の検査に適用可能なのか」
検査システムを検討される際、これらの点を確かめたいというのは当然のご要望です。
WiseImagingは本格的な導入の前にトライアルをご用意しています。
まずは検査画像をご提供いただき、検査精度や対象検査への適用度合などをお確かめください。

貴社

サンプル画像準備

事前に機密保持契約を交わした上で、サンプル検査画像をお預かりします。
OK画像、NG画像、両方をご用意ください。

NG画像の数が不足している場合、以下のサービスをご用意しています。

不良画像生成
サービスについて

シーイーシー(トライアル範囲)

画像検証

お預かりしたサンプル検査画像について、弊社が処理方法を検討します。
検査内容がディープラーニングに適さない場合は、別の処理方法をご提案します。

ディープラーニングによる学習

処理フローの作成やディープラーニングでの学習は貴社でご実施いただくことも可能です。

見込みご報告

「見込みご報告」では、お預かりしたサンプル検査画像でトライした結果をご報告します。
精度向上のためにさらなる学習が必要な場合、追加で画像をご用意いただくことがあります。

貴社

継続可否判断

「見込みご報告」をご確認のうえ、本導入を進めるかどうかについてご判断ください。(以降の作業は別途お見積もりとなります。)

シーイーシー

インライン化に
向けたお見積り

本導入にあたっては、トライアル結果を元に追加学習や処理フローの最適化を行います。最終的に問題ないことをご判断いただいた上でご導入いただきます。

本導入

不良画像生成サービス

こんな課題をお持ちのお客様に…

  • ・良品画像は多数あるが、不良品画像が少ない
  • ・良品学習を試したが、期待通りの精度が出なかった

WiseImagingではAI技術で不良品画像を生成するサービスを提供しています。
ご要望に合わせて2パターンの生成方法からお選びいただけます。
不良画像が不足し、期待する精度が出ない場合など、お気軽にご相談ください。

不良画像を大量に生成したい方向け
1枚の不良品画像と乱数を元に欠陥を生成し良品画像と合成して不良品画像を生成します。
意図した不良画像を生成したい方向け
不良箇所の学習で得た特徴を元に良品画像の指定箇所に欠陥を生成します。

お電話でのお問い合わせ(受付時間:平日9:00-17:45)

03-5789-2587

Webからのお問い合わせ

page top