ものづくりソリューション VR+R(ヴイ・アール・アール)

  • HOME
  • 最新情報
  • サイトマップ
文字サイズ
-
  • 1
  • 2
  • 3
+

物流業務最適化支援ツール RaLC

物流現場を仮想空間上でリアルに再現。
現場改善の理想と現実の差をRaLCが解消します。

物流業務最適化支援ツール「RaLC」は、物流作業プラン(新センターへの複数の運用プラン、既存センターへの複数の改善プラン)を比較検証し、作業員数・マテハン設備・処理数量・レイアウトが異なる複数プランの能力値を数値化します。お客様は複数案を比較検証し、作業時間・作業員数などの結果を数値で判断することで、短時間で関係者と合意形成し、最も効率良いプランを選択できます。

多階層物流センターモデル

概要

RaLCの主な特長

Point 1誰でも速く・簡単に。
簡単モデリング

RaLCにはあらかじめ物流作業に必要な部品・機能が「標準デバイス」として準備されています。必要なデバイスを選択し、RaLCの仮想空間上に配置するだけで、モデル作成が可能です。

Point 2仮想空間を実寸法で
レイアウト作成が可能

RaLCに図面ファイルがインポートできます。DXF形式の図面データをRaLCにインポート(標準機能)、RaLCからDXF図面形式へのエキスポートも自由にできます。複雑な形状の建物でも詳細なモデル構築が可能です。

Point 3“人”が行う複雑な
物流業務を「見える化」

「自分の担当業務が手待ちの時は、別担当者の作業を手伝います(ワーカーヘルプ機能)」。お客様は各種作業位置・各種ロケーションの変更前後での、作業時間、歩行距離、作業員数などの「見える化」が可能です。

RaLCの主な機能

  • ワーカー搬送ワークフロー
  • 物流ワークフロー
  • 補助ライブラリ

このページの先頭へ