ものづくりソリューション VR+R(ヴイ・アール・アール)

  • HOME
  • 最新情報
  • サイトマップ
文字サイズ
-
  • 1
  • 2
  • 3
+

生産設備の事前検証ソフトウェア Sequence-Eye

I/O(入出力)の設定ミスや仕様書の考慮漏れを防ぎ
生産設備の立ち上げ期間を2分の1に

Sequence-Eye(シーケンスアイ)は、三菱電機(MELSECシリーズ)、オムロン(Sysmacシリーズ)、ファナック社製の工作機械に対応し、設備完成前や出荷前後の実機が無い環境で、情報システムや他設備とのインターフェース信号や設定パラメーターの不具合有無を検証できるソフトウエアです。

現地に設備を設置する前に、仕様書に基づいたI/O(入出力)チェックを可能にし、「誤った設備データが収集されていないか」「他設備が誤動作しないか」など設備立ち上げ工程のテストを仮想環境で実施できるため、工場現地での設備立ち上げ期間を約2分の1に短縮することができます。

日産自動車株式会社の紹介ページはこちら

Sequence-Eyeの主な特長

Point 1設備導入前のシステム接続テスト
現地立ち上げ期間を大幅短縮
  • 接続先(IPなど)を事前確認
  • 設備導入前に情報システムとの接続確認が可能
  • 実ラダーを用いた事前確認が可能
Point 2手戻り原因となるI/O(入出力)の
設定ミス、仕様書の考慮漏れを防止
  • 信号キャプチャによる設定値の確認と正誤判定
  • 信号シナリオをハンドシェイクで実行。
    シナリオの成立性を事前確認
  • タイミングチャートの出力によるラダーの成立性を事前確認

事前接続テストの流れと機能

  概要 機能 機能詳細
1 初期設定
  • I/O仕様書作成
  • 接続先設定
  • シーケンスシナリオ作成
I/O仕様書に基づき、シナリオ作成。
シナリオを読み込み、実機PLC / CNCと接続。
ハンドシェイクで通信確認。
2 試運転
  • データモニター開始
  • シーケンス自動テスト
信号情報が正しいか信号データをキャプチャ。
シーケンスが正しいかのシーケンステスト。
3 ログ出力
  • キャプチャ ログ
  • シーケンス ログ
実行結果として、各種のログを出力。
4 エビデンス出力
  • キャプチャ結果
  • シーケンス結果
(タイミングチャート)
シーケンスのタイミングチャートを出力し、プログラムの成立性を確認。

Sequence-Eyeのエビデンス出力例

信号キャプチャ
No. FANUC 信号情報 設計値 実績値 合否判定
0 R 9000 設備No 1 1
1 R 9001 インタロック 1 1
2 R 9002 搬入車種 A A
3 R 9003 インタロック 0 0
4 R 9004 インタロック 1 1
5 R 9005 インタロック 0 0
6 R 9006 設備No 7 9 ×
7 R 9007 搬入車種 B B
シナリオ実行後のタイムチャート

ハンドシェイク実行▲ ハンドシェイク実行

タイミングチャート▲ タイミングチャート

このページの先頭へ